フォニックス英会話アカデミーの特別インタビュー特集!


現在、大学入試変革や都立高校入試のスピーキング導入、一部の中学受験での英語試験の導入などを通して、英語への注目度が上がっています。

そこで、今回は、東京都福生市の武蔵台にある「フォニックス英会話アカデミー」の斎藤留美子先生にインタビューをしました。

フォニックス英会話アカデミーでは、フォニックスを重視した英語教育を行うとともに、発展途上国の子どもに対するボランディア活動をとして生徒たちの世界観を広げる取り組みもしています。

生徒のほとんどが紹介で入っており、教室に入学する1年前また2年前からお申し込みが殺到しているフォニックス英会話アカデミーの秘訣を今回は教えていただきました。

学校英語だけでなく、仕事でバリバリ英語を使っていきたいと思っている方やそのような職にお子さんが就いてほしいと考えている保護者の方々にとって、今回のインタビューは必見です!

<フォニックス英会話アカデミーの先生たち>

フォニックス英会話アカデミー創立まで…

━ フォニックス英会話アカデミー創立のきっかけは何ですか?


私の父の仕事の関係で、小さい頃から海外を視野に入れた生活をしていました。
帰国子女ではありませんでしたが、子供の頃から英語を習わされていましたので、自然に英語は好きな教科でした。
10年間フランチャイズで英語を教えていましたが、フォニックスの重要性を確信し、これがあれば発音記号など必要ないなと感じ、フォニックスの虜になりました。
ただフランチャイズの教え方ですとフォニックスがしっかり生徒に伝わらないので、独立してテキストも自分で作るようになりました。
また世界の共通語である英語を学ぶということは、広く世界のことを知るということです。独立するにあたり、途上国の支援をするボランティア団体に加入したのも、生徒が世界にはいろいろなことや色々な人がいるという広い視野を持ち、世界に貢献できるようなリーダーシップのとれる子を世の中へ送り出したいという思いからでした。私たちは先に亡くなります。
しかし、将来を担う子供たちを育てることによって世界は良い方向へ行くと信じています。

フォニックス英会話アカデミーが一番大切にしていること

━ フォニックス英会話アカデミーが最も大事にしていることは何でしょうか?

私はフランチャイズ時代、既存の発音だけのフォニックスを教えていましたが、それではフォニックス規則は身にかないことに気が付きました。発音しながら書いて覚えていくフォニックスを公立の小学校へ入れて、塾へ行かなくてもすべての小学生が日本語と同じように英語読めるようにしたいと思っています。
やはり「書いて覚えるフォニックス」のメソッドを大切にしています。まず読めるようになれば英語嫌いな子は確実に減るでしょうし、先進国で日本人だけ英語が話せないと言う現状も変えられると真剣に思っています。山梨県韮崎市の小学校で実際試験的に使ってもらい、それまで英語が苦手だと思っていた生徒が書いて覚えるフォニックスだけは楽しくて英語が話せるようになり身近に思えたなど大きな手ごたえを感じています。日本人の英語力の底上げになると思うので、教室だけでなく日本各地にこの書いて覚えるフォニックスが広がることを祈念しています。

ボランディアを通じて子どもたちの世界観を広げる英語教育

━ どんなボランティア活動に生徒が参加なさっているのでしょうか?

教室ではプランインターナショナルジャパンというボランティア団体に加入し、現在アジア、アフリカなど6カ国の途上国の子供たちの里親をやっています。子供が18歳になるまで支援しているのですが、1年に1回その子供たちの成長記録やDVDで途上国の現場を生徒たちに見せて、平和な国に生まれた私たちに何ができるか考えてもらい、募金活動や興味のある子は途上国の子供たちに手紙を書いてもらっています。
小学生になった時から毎年行っていますが、そういう世界に目を向けることで、現状に感謝する心を養い、大学生になった時に留学してボランティア活動を行う生徒も数多くいます。また、小学生など年齢が小さい場合は、「外国人の方が困っているところを見たら英語で話しかけて助けてあげることができるよね?」と声かけし、わかりやすく英語の必要性を説明するようにしています。また、日本トラスト協会など自然を守る活動にも参加しています。

他にはないフォニックス英会話アカデミーの魅力

━ フォニックス英会話アカデミーと他の英語教室の違いは何ですか?


「読む」「聞く」「書く」「話す」と言う英語の4技能を小さい頃からしっかり学べるところです。私は『書いて覚えるフォニックス』のテキスト初級、中級、上級の3冊を4年をかけて作成しました。それを1冊にまとめたもの『新装版 書いて覚える楽しいフォニックス』が市販されましたが、小学生英語で1番売れている本としてAmazonなどでも紹介されています。そのテキストを作って授業を行うので、なんとなく英語を学んでいると言う事はなく、しっかり英語が読め、発音でき、書ける英語の基礎がきちんと学べるところが他の教室と違うところだと思います。また学校と同じように学期ごとの成績表が出たり、教室独自の検定試験もあります。また、例えば幼児から入学しますと、小学生、中学生、高校生、大学生と一環した教育システムを持ち、生徒たちが常に上のレベルを目指せるようカリキュラムを組んでいるので、保護者からも安心して子供を預けられると言われています。

“楽しい”授業の中にも”厳しさ”を

━ 生徒たちに英語を教えるときに大切にしていることありますか?

とにかく授業は毎回楽しいと思えることが1番です。どんなことでも楽しくなければ続きませんよね。ですから、英文を覚える時も、例えば2人ずつペアになり競争形式にして覚えさせたりしています。うちに来る生徒は、幼児から入学した大学まで続けられる生徒も大勢います。なぜ、うちの教室に来るのか聞くと、「楽しいし、習慣だから!」と答える生徒が多いです。また入学したときの約束事があります。例えば、宿題に関しては1回忘れはOKですが、2回続けたら保護者に連絡、3回続けたら教室を辞めるという厳しい決まりがあります。中学生クラスでは1人でも生徒が忘れた場合、宿題の答え合わせができません。なので、必ず次の週にはやってきます。生徒同士の喧嘩もNGです。楽しく気持ちよく授業を行うには厳しさも必要です。メリハリのある授業が大切になってきます。また、教師としてはどんな生徒にも公平に臨むこと、良いところを褒めて自信をつけさせることも大切にしています。


英語を伸ばす秘訣は“国語力”

━ 英語が伸びる生徒に共通することは何でしょうか?

英語を声を出してしっかり発話できる生徒はやはり伸びます。おとなしくて声が小さい子は発音がなかなか上手になりません。また、どんな教科でも言えることだと思いますが、国語力がある生徒は確実に伸びます。私どもの教室ではクリスマス会に2回ずつペアになり英文を発表するのですが、中学生以上は自分たちで話し合い英文を作って発表しないといけません。当然、文型が1回できていなければ正しい英文は作れないわけですが、しっかり文型がわかっている子は国語力、物事の理解力がある子供です。小学生の保護者会では国語力をつけるために本を日常的に読むこと、家でニュースなどを見て意見を言ったり会話すること、日記を毎日書くことなどを勧めています。逆に、国語力のない生徒は伸びません。学校では国語の成績が悪い子供は当然英語も言語ですから伸びないわけです。ここができるように小学生のうちから漢字検定を受けることを進めています。母国語ができず英語ができると言う事はまずありえないので、中学生クラスになり、例えば英検5級をとったら漢検5級もセットで取得すると言うのがうちのやり方です。逆に英語が大好きになり国語の成長が上がったと言う生徒はいます。自分の意見をきちんと言えるということが英語を使う社会では求められます。おとなしく何も自分の意見が言えない生徒は伸びないですね。

バックグラウンドがちがうお子さんと交流し、刺激し合う環境

━ 教室にはどんなお子さんなどが通っていますか?

私どもの教室はほとんど紹介で教室に入っていらっしゃいます。来年度の予約と言う感じで1年前また2年前からお申し込みをされています。ですから遠くから通われる方(1番遠い方は2時間かけて)も多くいらっしゃいます。また公立・私立の方さまざまですので、生徒たちはいろいろな学校の生徒と友達になれて、教室に来るのが楽しいと言っています。またクラスで仲の良い友達同士でLINEをしたり、ネットワークを広げているようです。

卒業生が新たなスタッフとしてフォロー

━ 学生アルバイトのスタッフが採用していますか?

教室の生徒が高校生・大学生なった場合に声掛けしてアルバイトしてもらっています。自分が小さい時から勉強していますので、内容もよくわかっていますし、スタッフがいないと授業は成り立ちません。特に外国人クラスでは英語だけの授業になりますので、やはり日本語で説明するスタッフがいることで生徒も安心して授業にのぞむことができます。教室で勉強していた生徒たちので性格も明るく子どもに大変優しいです。

保護者のご理解していただくことの重要性

━ 今まで英語を教えていて1番大変だったことは何でしょうか?


私の場合、子供に教えることは、あまり苦労と思ったことはないですが、その後ろにいる保護者の方々にはいろいろ気を遣うことはあります。大学生・社会人クラスは、ほとんどみんな自分で授業料を支払い、自分の意思で来ているので問題ないですが、児童にはいつも後ろに保護者がいます。生徒たちが続けたいと言っても、保護者の家庭の事情で続けられなくなる場合も多々あります。保護者に信頼していただき、英語英会話を勉強する必要性などしっかり理解していただくために学校と同じように学期ごとの成績表やお手紙、保護者会などを行い、安心して継続していただくことも大切な仕事と思っています。

フォニックス英会話アカデミーのレッスン

グループ中心のレッスン

━ レッスン形式はグループでしょうか?それともマンツーマンでしょうか?

私と外国人のクラスはグループレッスンのみです。学長(サム)の場合は、将来医者になるなど、特別にレッスンを希望する場合、また社会人で海外出張が多く短期で語学力をつけたい方など時間が合えばマンツーマンでレッスンを行うケースもあります。幼児から小学生クラスは1クラス10~12人で、講師1人、スタッフ1人です。
中学生以上のクラス6人~8人で講師は1人です。

歌や踊りで英語を学ぶ”楽しい”幼児クラス

━ 「幼児クラス」ではどんな内容や教授法を扱っておりますか?

幼児クラスは、私が教えている通常のクラスと外国人の先生が教えている英語だけの授業があります。ほとんどの生徒が週に2回、教室に来ています。私のほうはアルファベットの大文字はきちんと識別できかけるように指導します。
毎週宿題できちんと出しています。3歳から入学された生徒も、上手に描けなくても、「書かせること」を取り入れています。またスチューデントブックやワークブックに載っている単語や英文を覚えさせます。”楽しい”ということが大前提なので英語の歌や踊りも入れています。外国人の先生のクラスは『We can ! 』の教材を使っています。私が担当するクラスは教室独自の教材を使っています。

独自検定で確かな手応えを感じられる”小学生クラス”

━ 「小学生クラス」では、どんな内容や教授法を扱っておりますか?

小学生クラスも、通常のクラスと外国人のクラスがあります。私共の学校では幼児から中学生クラスは学校独自の検定試験があります。一次試験は筆記で70点満点で、二次試験(面接テスト)が30点で合計100点満点となっています。合格点が取れなければ上のクラスではいけません。小学生クラスはとにかくフォニックスをしっかりマスターして中学1年生の教科書はすらすら読めないといけません。現在教室では小5、小6で中学生クラスへ進む生徒がほとんどです。フォニックスの教材など学校独自の話をしています。

自分の意見を英語で表現できるようになる”中学生クラス”

━ 「中学生クラス」では、どんな内容や教授法を使っておりますか?

中学生クラスも小学生クラスと同じようにシチューデントブックやワークブックありますが、基本は文法が理解できることが第一です。生徒には、自分の言いたいことが言えるようになってほしいです。実際、中学生クラスの文法がわかっていれば日常会話7割は話せると言われています。例えば2人でペアを作り英問英答や、1人が日本文を作りもう1人に英文を言わせるなど、これも全て競争形式で覚えさせます。中学生クラスは中1クラスは90分、中2、中3クラスを100~120分です。文科省の英検も受け取ってます。英検5級、4級は満点合格を目指します。中三までに7割から8割は英検準2級に合格しています。文法書は教室独自のもの現在使用しています。

高校入試に導入されるスピーキング試験にも当然対応

━ 高校入試に導入されるスピーキングにも対応しておりますか?


小学生クラスのとこでも触れておりますが、教室独自の検定試験があり、面接の勉強もございますので授業の中で当然対応しています。幼児クラスから、この勉強をしていますので、文科省の英検も面接で落ちる生徒はいません。普通に英語を話すことができます。そのため、高校入試でスピーキングが導入されても何の問題もございません。

洗練された美しい英語力をつける”高校生クラス”

━ 高校生クラスでは、どんな内容や教授法を使っておりますか?

高校生クラスは本格的に英会話を学ぶためのクラスです。中学お3年生までに、基本的な文法事項が、きちんと理解できている生徒を対象に、発音・ストレス・イントネーションの強化をはかり、通じる英語、洗練された美しい英語を話すことを目標としています。外国人の先生にも入っていただき、美しい中にも厳しさのあるレベルの高い授業が展開されています。高校生クラスは基本的に日本語禁止で、自作プリントを使用しています。

大学入試や英検2級に特化した”大学入試・英検2級対策クラス”

━ 大学入試・英検2級対策クラスでは、どんな内容や教授法を使っておりますか?

高校で英会話クラスではカバーしきれない単語・熟語・構文・文法・聴解のちからを養うためのクラスです。英語については、高校3年生になってあわてて予備校へ通っても、思うように結果が出ないのが現実です。このクラスを受けることにより、英語の資格としては認められる英検2級を取得し、センター試験や大学入試に合格できる力を養います。使用している教材は自作プリント教材で、過去問の解析や音読による単語、熟語、公文の暗記とそれを使った英作文を生徒に作らせたり、宿題に出したりしています。

第一線で活躍するための英語力をつける”大学生・ビジネスマンクラス”

━ 大学生・ビジネスマンクラスでは、どんな内容や教授法を使っておりますか?

将来英語を使って仕事がしたい、また現在仕事をしていくうえで英語が必要不可欠という方のクラスです。ビジネスとして英語を駆使していくためには、その場に応じた適切な話し方が求められます。より高度で洗練された英語を身に着けなければなりません。資格としては、TOEIC800点以上、・英検準1級取得を目指します。教材は自作プリント、TOEIC問題集(市販)1回行く900単語集(市販)などを使用しています。このクラスには東京大学の生徒と中学高の英語の先生、塾の先生、海外で第一線で仕事をしている人など大変レベルの高いクラスです。高校生~大学生、ビジネスマン全ての人は実力テストを年に3回受けてもらい順位も発表しています。

帰国子女のお子さんも安心して預けられる!

━ 帰国子女は対応しておりますか?

帰国子女も普通に受け入れしていますが、クラスは特別なものを設けておりません。大学生、社会人クラスに入ってもらっています。基本、高校生クラス以上は英語だけで授業をしておりますし、大学生・社会人クラスもほとんどTOEIC 800点以上を持っていますので(大学在学中に留学する生徒もおります。)帰国子女と区別することなく普通に授業を行っています。

クリスマス会で生徒同士は保護者同士の交流を深める

━ ハロウィンやクリスマスなどイベントはございますか?

クリスマス会は毎年行います。2年に1度は他のクラスとの合同クリスマス会を行って、保護者にも来てもらっています。必ず生徒2人ずつペアになって英語の発表を行い、その後パーティーになります。小学生、中学生、高校生クラスといろいろなクラスを見ることもとても刺激になるようで、小さい子供も興味を持って、年上のお姉さんお兄さんクラスの発表を見ています。

フォニックス英会話アカデミーに来てほしい方たち

英語が苦手な子どもだけでなく、学校の先生なども

━ どんな悩みを持った方に教室に来ていただきたいでしょうか?


何年も英会話教室で勉強したのに全く何も言えない、英語も読めない」という小学生の子お子さんには、まず最初に来ていただきたいです。小さい頃からフォニックスをしっかり学べば日本語と同じように英語が聞けるようになり、また発言もとても上手になります。小学校1、2年生から来られると理想的です。また良い高校、大学へ進学して、文法がわかっていても、口から英語がスラスラ出てこない方は大勢いらっしゃると思います。そのような生徒さんにもせひ来てほしいです。まず正しく発音できなければ通じませんので、とにかく英語を話す訓練作業が必要になります。また中学校など英語の先生にも来ていただきたいです。例えば、” I like playing tennis.”と” I like to play tennis.”の2つは、学校では同じように使えると思いますが、実際には2つの表現があるのは、ちがうからです。この2つの違いをきちんと生徒に教えられる先生もいてほしいです。

英語を将来活かしていきたいと考えている方たち

━ どんな「目標」をもった方に教室に来ていただきたいでしょうか?

やはり英語を使って仕事をしたいという方には来ていただきたいです。現に英語の教師になった人、客室乗務員、旅行会社、商社など英語を第一線で使いたい生徒たちは目の輝きがちがいます。また世界の共通語である英語を学ぶことは、広く世界観を持つということです。そのために小さい頃から世界の子供たちへ募金と言う形でボランティア活動を行っているわけです。ですから留学をしたいと言う方には来ていただきたいですね。
海外へ出ることで逆に日本のことがよくわかります。また途上国でボランティア活動も行っている生徒たちもいます。日本の「東京」が今の世界の人たちが1番住みたい都市と言っているそうですが、今1番上にいる私たちは、そうでない方たちのことを考えないといけません。英語を使って社会貢献したいという方は、ぜひ教室に来ていただきたいですね。

斎藤先生が自ら執筆した教材も大人気!

フォニックス英会話アカデミーの斎藤留美子先生と了先生が著した『書いて覚えるはじめてのフォニックス』のは大人気となっています。
一般的な公立学校では教えてくれないフォニックスについて、子どもから大人までわかりやすく内容になっています!

また、今回のインタビューを通じて、フォニックス英会話アカデミーが気になった方は、ぜひ公式サイトをご覧になってください!

公式サイトはこちら

関連記事

  1. ラ・ガーディア英会話スクールの特別インタビュー特集!

  2. 地域密着型英会話教室「A+ ENGLISH」の特別インタビュー特集!

  3. ミムラ英語教室の特別インタビュー特集!

  4. ゴスペル カフェ (The GOSPEL CAFE)の特別インタビュー特集!

  5. グローバル社会で活躍する子どもを育てる「コミュニティ英語教育ラボ」の特別インタビュー特集!

  6. Vicky English Class の特別インタビュー特集!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。